●肺機能検査の目的

肺の容積や空気を出し入れする換気機能を調べる検査です。肺の病気の診断、重症度などを調べるのに役立ち、治療効果の測定にも使われます。

●検査方法

多くの検査項目がありますが一般的に行なわれているのはスパイロメーターという計測器を用いる検査です。

●基準値

%肺活量で80%以上、1秒率(G)は70%以上が基準値となっています。肺活量の基準の目安は、成人男性で3500cc、成人女性は2500ccですが、年齢、性別、身長などによって基準値は異なります。また結果の判定は%肺活量と努力性肺活量の双方より行ないます。

●見つけられる病気

肺機能検査の結果からは、肺結核や肺線維症など肺の空気を入れる容量が少なくなる拘束性肺機能障害や、気管支喘息や気管支拡張症など空気の通り道が狭くなる閉塞性肺機能障害が疑われます。慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)は、タバコの煙などを長期に吸い込むことにより気管支や肺に病変が生じ、スムーズに息を吐きにくくなる症状(気流閉塞)が現れる病気のことです。一度壊れた肺の組織が元に戻ることはありませんが禁煙によって進行を遅くしたり、治療によって症状を和らげたりすることができます。