●胸部レントゲン撮影とは

胸部にある臓器(主に肺・心臓・大動脈)を調べるための検査です。胸部X線検査で異常が疑われた場合は胸部CT検査、喀痰検査(かくたん、吐いた痰のこと)、腫瘍マーカー検査などの精密検査によって、肺がんの有無を詳しく調べます。
※胸部CT検査は当院では行えないため、外部の検査機関をご紹介します。

●分かる病気

肺癌、肺炎、結核、胸水、気胸をはじめとし、非常に多くの肺病変の診断に利用されている。

●ベトナムの結核罹患者数

世界結核報告書2018(The Global tuberculosis report 2018)によると、2017年のベトナムの新規結核患者数は124,000人、結核関連の死亡者数は12,000人と推定されており、十分に注意をすべき病気の一つです。